スポンサード リンク

2010年03月28日

猫アレルギーの症状と治療法?

猫アレルギーの症状は一般的にくしゃみ・鼻水、目のかゆみですが、時には顔が腫れたり、発疹や喘息症状が出たりする場合もあります。

早めに病院で検査し原因をつきとめ、アレルゲンを除去そして治療するのがベストだと思います。というのもアレルギー症状がある人は普段の生活で花粉、ハウスダスト、ダニなど猫アレルギー以外の原因で症状が出ることも考えられるからです。

猫アレルギーの原因は猫の皮膚(フケ)や毛を吸い込むことにあるので、猫に限らず、イヌ、ウサギ、トリなどもアレルギーを引き起こすのです。

では!猫アレルギーに効く薬・治療法はというと?
抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤で症状を軽くすることや、“減感作療法”といって ヒスタグロビンを1年間ほど毎週1回筋肉内注射する方法もあります。
薬も体質にあうあわないがありますが、猫アレルギーの人に聞いてみると『アレロック』は即効性があり症状がすぐに治まると言っていました。

とにかく、猫アレルギーを軽視しないことが大事なことで、症状がみられたら、ひどくならないうちに早めに検査して治療するべきです。
猫をもし飼っておられるのであれば、家の掃除や空気清浄をまめにしたり、猫を寝室に入れないなど、普段の生活でも猫アレルギーを予防するように努力しましょう。
posted by ひろはる at 15:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。